清竜人「TOWN」ライブ Vol.2 2017.2.20@TUTAYA O-nest に参加しました。

投稿者: | 2017年2月21日

昨日2017年2月20日に、先日の「清竜人 TOWN Vol.1」に続いて、TUTAYA O-nestで行われた「TOWN Vol.2」に行ってきました。

TUTAYA O-nestは、O-WESTのビルの6階にあります。

6階に上がる手段が、エレベーターしかないようなので、多少時間がかかります。

キャパは250人程度のホントにこじんまりしたライブハウスです。

す、すごくステージが近い・・・

清竜人「TOWN」プロジェクトは、清竜人さんを中心に、観客が楽器を弾き、観客が一緒に歌い、いわば「みんなと清竜人がバンドを組む」といったものです。

音源のダウンロードは無料、ライブのチケットも無料(システム手数料やドリンク代は、参加者負担)という、まさに「採算度外視」なプロジェクトです。

竜人くんが以前、「同じバンドのメンバーから金はとれない」みたいなことをツイッターで言っていたと思います。

収入源は、ライブ会場のグッズ販売しかないので、買ってください、と竜人くんのマネージャーがツイッターでつぶやいてます。

 

前回の「TOWN Vol.1」では、「TOWN」のライブ自体が初めてだったこともあり、どのようなライブになるかホントにわからなかったので、ライブが始まるまで、皆さん、なんか落着かない雰囲気があったような気がしますが(僕が落着いてなかっただけかも)、今回は来てる人で2回目の人もいるようで、勝手知ったるところなのか、とにかく楽しそうに竜人くんの登場を待つ姿が見受けられました。

会場の四隅にスタンドでマイクが置いてあって、みんなで歌って、とのこと。

(僕はマイクの近くにいたんですが、隣りのお兄ちゃんが、ずっと歌ってました。)

で、開演。

【セトリ】

01.それでいい!それがいい!
02.俺の街まで来いよ!
03.やりたくないぜ!
04.青春
05.I Don’t Know!I Don’t Care!
06.糞小便の歌
07.ケツの穴ちっちゃいね!
08.ほどほどに生きましょう!

おなじみの8曲。

1曲目の「それでいい!それがいい!」の前奏のハーモニカが終わり、竜人くんが叫んだところから、会場は大盛り上がり。

みんな、グッズのタンバリンなどを持ちながら、手を挙げて盛り上がります。

途中、竜人くんの横でギターを弾いている女の子に「かわいいなぁ。16歳やって」といじったりして、「時間、大丈夫かな!?」と心配してました。

たぶん「TOWN」でギター弾くのは「労働」ではないので、ライブが何時になっても「セーフ」なハズですよ・・・たぶん・・・

ステージが後方にもあり、元々後方で演奏しているメンバーもいたんですが、竜人くんが観客をかきわけて後方のステージに移動して、「糞小便の歌」以降の曲を歌いました。

Wienners(ウィーナーズ)のベースの560(ゴロー)さんも、普通に一参加者として、ベースで参加してました。で、この後方のステージで謙虚に(?)ベースを弾いてました。

ちなみに、観客で、プロインタビュアーの吉田豪さんらしき方もいたと思います。

あと、たぶん、音楽ライターの宗像さんらしき方も後ろの方にいたと思います。

気がついたのは、そのくらいで、他はちょっとわかりませんが・・・

宗像さんのライブレポ読みたいな・・・。吉田さんのインタビューも読みたい・・・まぁ、単にライブがどんなもんか観にきてただけかもしれませんが・・・

たぶん運営側の方なんですが、ハンディカムで観客を撮影している方がいて、僕の方にもカメラを向けて、盛り上がるようにあおってくれたんですが、なんせ、僕はライブの撮影に没頭して集中していて(ライブ撮影はスマホ程度の機器なら自由)、結果的に無視してしまいました・・・すいません、この場を借りてお詫びします。

とにかく、今回もライブは大盛り上がりで終了。今回も、おなじみの8曲で、ほんとんどMCもないので、25分くらいのライブでした。

清竜人 TOWN Vol.2 ライブ 2017.2.20 – それでいい!それがいい! – YouTube

次回、3月13日の「TOWN Vol.3」にも参加予定です。楽しみ!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です